専業主婦が借入出来るところはどんな金融機関が有りますか

主人がストレスから体調を崩してしまい一月ほど仕事を休むことになりました。多少の蓄えが有るので何とか乗り切れると思っているのですが、場合によっては借入が必要になるかもしれません。主人にはこれ以上ストレスになるような心配は掛けられないので、借りるとすると私が借りなければならないのです。私はいままで主人に頼りきりで収入の無い専業主婦のため、借入のための審査は厳しいと思います。私でも借入出来るような金融機関にはどのようなところが有りますか。

審査は厳しくなると思いますがレディスローンがお勧めです

金融機関にもよるのですがやはり収入が無ければ基本的には融資はされません。たとえば消費者金融の場合には法律で総量規制と言うものが有って融資は基本的には年収の三分の一までと決められています。したがって専業主婦にこの規定を適用すると収入が有りませんから融資はできないと言うことになります。ただしこれには例外規定が有ってご主人の了解があればご主人の枠内で利用できますし、そう言うものが無くても50万円までなら融資できると言う事になっています。

したがって消費者金融では50万円まで、総量規制の無い銀行の場合には多くのところで100万円までは収入の証明書類は要求されません。ですからあなたの場合もご主人に了解を取らなくても、この範囲であれば申込むことが出来ます。ただしこれは法律の話であって、実際にこれらの金融機関の行う審査に通るかどうかは金融機関次第ということになります。この審査では専業主婦に厳しい場合も有れば、比較的緩い場合も有ります。

特に銀行や大手消費者金融の通常のカードローンでは専業主婦に対しては審査は厳しくなります。しかし専業主婦も利用者として確保したいと言う業者も存在しており、そういった業者は通常のカードローンとは別にレディスローンと言うものを持っている場合も有ります。こういったレディスローンでは最初から貸出限度額を50万円に抑えて、収入の証明を要求しないようにしている場合も珍しくありません。あなたの場合もこのレディスローンのほうが借り易いと思われます。

もし店舗が近くにあれば一度相談に行ってみましょう。消費者金融の店舗はなかなか女性には入りにくいと思っている人も多いですが、最近の店舗は以前の雑然さは無く女性にも入りやすいように清潔な感じになっていますし、特にレディスローンを専門に扱うような女性向けの店舗では社員は店長以下全て女性と言うことも有りますので、女性にも大変敷居が低くなっています。近くに店舗がなければインターネットを利用しても申込みが行えます。

ただし注意してほしいのは金融機関が心配する通り返済です。専業主婦の場合収入が無い訳ですから、どうやって翌月以降の返済を行うのかを予め考えておかなければなりません。あなたの場合にはご主人が復帰できれば心配はありませんが、復帰が遅れると言うような場合には対応が必要です。たとえばご実家の方にもしかしたらお金を借りなければならなくなると言うように話だけでも予めしておいた方が良いのではないでしょうか。

専業主婦の借入出来るところあります!

専業主婦は自由にできるお金が少ないですよね。どうしてもご主人の収入で生活をしているという引け目のようなものがありますから、自分の娯楽、交際費関係の出費に対してシビアになってしまう人も多いのではないでしょうか。ですが、地域がら奥様達の交流が必要なこともありますし、子どもがいればママ友との関係も大切です。息抜きしなければストレスが溜まるばかりになってしまうかもしれませんから、一息つけるような趣味もあった方が良いですしね。結婚前の友人関係の冠婚葬祭もあるでしょう。

ですが、何をするにもお金って必要になってしまうんですよね。専業主婦でお金を用意するとき、家計から出すことになるわけですが金額が大きくなるとなかなか準備できないこともあるでしょう。だからと言って専業主婦で借入することなんてできない、そう思っていませんか?実は専業主婦の借入できるところもちゃんとあるんですよ。

専業主婦が借入するなら、総量規制のない銀行ローンを利用することになります。銀行ローンをどれでも利用できるという事ではありませんが、最近ではフリーローンやカードローンで専業主婦OKという商品も多くみられるようになってきました。ただ、パートやアルバイト、主婦はOKでも専業主婦はNGといった商品もありますから、しっかりと確認するようにしましょう。

ただ、専業主婦が借入するとなると金額上限が限られることも多いですね。自分の収入から返済するわけではありませんから、10万円、高くても30万円を上限とすることもあるということは知っておきましょう。お金を借りる以上は返済しなければいけませんから、返済できる金額を、必要最低限の金額を借入するようにしておきたいですね。

私はこんな理由で借りました!

借入れで面目を保つのも大事ですね

昨年、可愛がってもらっていた大好きな祖父が亡くなりました。孫は全員成人していたので、みんなで葬儀代を少しでも負担してあげようということになり、一人あたりの金額も決められました。

自分は派遣社員で給料も安いんですが、大好きだった祖父のためにカードローンを利用して、自分の分を出しました。自分は払えないよ、と言える雰囲気じゃなかったですし…。

カードローンは作ってなかったので、その場は手持ちの現金を出し、帰宅してすぐに申込みをすることで、給料までのつなぎ資金を確保できました。祖母も喜んでくれたし、祖父をいい形で見送れたかな、と思っています。

子供の誕生日プレゼント代に!

毎月毎月、生活費でいっぱいいっぱいでなかなか子供の欲しいものを買ってあげられない。でもやっぱり誕生日プレゼントぐらいは欲しいものを買ってあげたいなあ、って思ってたんです。でも私の行事毎とか有って誕生日近くになってお金があまりない状態になってしまったんですよ。

お金って、その時に無いと意味が無い事ってありますよね。それがまさに今回だったんです。

でも申し込んでみたカードローンが通って、お金が借りれたんです。誕生日にも間に合って子供も大喜び。やってよかった、て思いました。でもネットで申込みと審査もできて、お金もすぐ借りれてびっくり。難しいと思ってたけどすごい簡単でした。

借入れてでも妻に健康診断を!

私は個人事業主なので妻の健康診断などはなくて、気がつけば自治体の健康診断にも行ったり行かなかったりの妻。子育てに奮闘する彼女を見てると、まだまだ元気でいてもらわないといけないなと思い、人間ドックを薦めました。

彼女は社員にはしていないので経費でも落ちず、でも私が安心したくてね。私は個人事業主になるので、妻が妻の名義でカードローンを利用するようにいいました。

審査が心配だったんですけど私の収入などの確認書類を送り無事合格で一安心。ネットで全てが終わったので恥ずかしさもなくササッと終わって便利でした妻も一泊二日の高額人間ドックも問題なくて一安心。健康なら少々の借金なんてという気持ちになれましたね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 専業主婦の借入できるところなんてあるの!?気になる方はコチラ All Rights Reserved.